So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

住宅ローン再考の“ラストチャンス”モゲチェック・プラザ [モゲチェック・プラザ]

住宅ローン再考の“ラストチャンス”モゲチェック・プラザ

住宅ローンを平均480万円削減 専門家にお任せの再考サービス低利率が続く中で、「自身にも長所が……」と見過ごせないのが住宅ローンの再検討だ。

そうした中、「気にはなっているが、行動はまだ」という人に最適のサービスがあるという。

「うちの住宅ローン利息は高いのでは?」。

誰もが心もとないに思うモヤモヤの一つではないだろうか? 全くの人にとって、住宅ローンは一生で最も高価な借金となる。

それだけに利率の影響は大きい。

ローン頃合や残債にもよるが、返金額を数百万円刻みで低減可能な時も少なくない。

ただ、再考に必要になる手間や時を思いめぐらす と、つい腰が重くなってしまう。

そんな訳で、厄介な住宅ローンの再検討をそっくり引き受けてくれるとトピックの「モゲチェック・プラザ」を訪問してきた。

現在が住宅ローン再考の“ラストチャンス”モゲチェック・プラザでは、銀行出身のアドバイザーが住宅ローン再検討に関連する話し合いに乗る。

話し合いはフリー。

最適な利息タイプの選択、償還額の削減および満喫した団体信用生命保険に入れるかなどを所見する。

新宿、銀座、横浜の3お店に加え、電話話し合いも応用し、全国のカスタマーに扱ってする。

NHK「クローズアップ現代」にも取り上げられ、年間折衝件数は700件以上。

扱ってしてくれたのは、モーゲージスペシャリスト(住宅ローンアドバイザー)の大山陽子さん。

大山さんによれば、モゲチェック・プラザ使用者は貸付金の再考で驚いたことに平均で約480万円を削減しているというから感銘だ。

「特にわりと利率が高い水準にあった2008年ごろまでに借りた方は、大きな影響が出やすいと考えます」と大山さん。

なかには1000万円もの削減成果があった人もいるという。

実のところに記者もどれほど住宅ローンが安価になるのかを診てもらった。

不可欠書類は貸し出しの償還予定表のみ。

記者の時、残りの住宅ローンの返金総額は約2940万円、返金期間は20年2カ月。

大山さんの勧める金融組織に借り換えると、総償還額で約460万円もの削減が見込めると見立てされた。

「金融組織へ支払う事務手数料や登録免許税など諸出費合計約100万円、しかも弊社への成功見返りを計算に入れた正味の良い面額です。

浮いたお金を繰り上げ償還に回す事などもできますね。

加えて、マイナス利率導入により低利息となっている現在が再検討のラストチャンスです」と大山さんは言う。

利息が上昇すると削減額が減少してしまうため、老後の貯金や財産運用に回すためにも、このチャンスを最大限に活用したほうが良さそうだ。

骨が折れるな銀行選択しとエントリー申込み手順をお任せ借り換えて見直すとなると、次のステップは金融機構へのエントリーだが、そこでは何個かの着眼点があるとの事だ。

「住宅ローンの利息は、金融組織の査定が通って初めて決断します。

加えて、一概に最優遇レートが取れるとは限りません。

ですので、いくつかの金融機構に査定を申請、査定後に提示される利息と手数料を含めた総償還額で金融組織を対比する事が必須となります」理屈はわかるが、慌しい業務の合間を縫って公的証明や不可欠書類をセット、いくつかの金融機構に通う手間はかけられない。

そんな訳で同プラザでは借り換え先選択しから、その後の事務申込み手順や金融組織との交渉を一手に引き受ける。

書類に関しても、委任状で取得可能なものはすべて同プラザが代わりに取得する。

インセンティブは、借り換え先の金融組織の査定が通ったケースにカスタマーが支払う成功インセンティブの20万円(定額)のみというから良心的だ。

他にも、金融機構からは仲介料は受け取っていないため、金融機構からの利益誘導を受ける事なく、?契約者の代理人?に徹して、最適な融資要件の金融機構を探し出せるのがトレードマークだ。

対象となるのは、全国約140の金融機構が供給する1200本以上の住宅ローン。

膨大な貸し出しアイテムの中からベストな1本を見つけ出す、まさしくオーダーメードのサービスといえる。

同プラザのアドバイザーはすべて、銀行で住宅ローン業務経験があるスペシャリストたち。

専門知識や技術を駆使して最適な貸付金アイテムを見極め、最優遇レートを取れるよう収入状況や住宅ローン以外のローンについても忠告する。

また、借り換えのみならず、貸し出し完済までバックアップが続く。

クライアントにはクレジットを完済するまで月次レポートを送付し、借り換えチャンスや利息修正の時期を何度でも知らせてくれる。

エキスパートが万全の対策を立てるからこそ、借り換えの手間を最小化しながら、最大限の良い面を享受可能なというわけである。

ROIが高い住宅ローンの再検討大山さんは「財産運用を思い描く事例、皆さん『増やす』事に引かれがちですが、運用アイテムは絶対利益が出るとは限りません。

一方で『負債を減らす』ための住宅ローンの再検討は、確実な成果が見込めます」と話す。

おっしゃる通り、住宅ローン再検討とは財産運用技法の一つなのだ。

折衝はフリーで、30分程度。

ちょっとの間で現時点での利率が適性か見立てしてもらえるため、折衝するありがたみは大いに高い。

ホームは生涯の中で最も高い調達の一つだ。

にもかかわらず、住宅ローン選択しが案外おざなりだったことに気付かされた。

高い専門性を有するエキスパートに、最適な住宅ローンを探し出してもらえる心配無用感と高い経費対成果。

それを体感可能な時となった。

公式サイト住宅ローンの3秒診断







nice!(1)  コメント(0)